<憧れをカタチに。

チャレンジするために

注文住宅はゼロから始める住宅づくりである。
設計から関わるため、期間もかかり、建材の決定にも関わるなど大きなチャレンジとなるが、自分の思い通りの家を手に入れるのだから、挑戦しがいがある。
この住宅づくりを通しては、住宅メーカーや工務店、設計士が取り組んできた家造りに対して理解を深めるきっかけとなる。
注文住宅の建設では家の構造と未来に向けての住宅づくりを十分に考える必要がある。

注文住宅を建設するのは注文者であるが、家は一人では作ることができない。
このため、住宅メーカーや工務店、設計士の力を借り、建設に望むことになる。
特に、特殊で新しい機能をつけた注文住宅を建設したいとなれば、住宅メーカーに依頼すると良いであろう。

このサイトでは、住宅メーカーや工務店の作る家の特徴や、住宅メーカーが関わってきた住宅づくりについて見ていく。
住宅メーカーは住まいについて考え続けてきたプロである。
そのプロの力を借り、良い注文住宅を建設していくのが得策である。

明確に想像する

明確に想像する

注文住宅を建設する際には、住宅メーカーや工務店を比較検討することになるが、その前にやることがある。
それは、注文者の住宅に関する希みや考えを明確にし、具体的な建設例を想像することである。

>>もっと詳しく

付けたい設備

付けたい設備

自分で建設するのであるから、住宅に必ず付けたい機能があるなら明確にしておく必要がある。
場合によってはその設備があるかないかによって、住宅メーカーを選ぶこともある。

>>もっと詳しく

それぞれ違う建設のやり取り

それぞれ違う建設のやり取り

個性的なデザインを作り上げたり、住宅を安く建設したり、住宅づくりにはいろんな選択肢がある。
注文住宅建設の依頼先には三つの業者があり、その特徴を利用することで、それぞれ違った建設方法が味わえる。

>>もっと詳しく

未来を見据える

未来を見据える

注文住宅を建設するのであれば、未来を見据えた住宅づくりをしていきたいものである。
そうしたビジョンをもっており、太陽光発電を取り入れる希望があれば、住宅メーカーに建設を依頼すると良い。

>>もっと詳しく

建てた後のこと

建てた後のこと

住宅には10年以上住み続けることになることが多いが、建築は一年ごとに劣化の度合いが大きく変化する。
住宅メーカーを注文住宅の依頼先にするなら、建てた後のことも考えるべきといえる。

>>もっと詳しく

土地を購入する手続き

土地を購入する手続き

一戸建てを建設するには、土地が必要である。マンションとは違い、土地を所有することで、住宅には自由が生まれる。
この土地を選ぶ際には、将来的な土地造成なども考慮した上で購入を決めることになる。

>>もっと詳しく

土地に合わせた提案

土地に合わせた提案

その土地にはその土地特有の家の建設方法がある。住宅メーカーに求める素質といえば、その場合にも住宅の建設方法を提案してくれるかどうかである。
土地の事を知らない注文者は、最初から希望に出せない場合もある。

>>もっと詳しく

都市でも住みやすく

都市でも住みやすく

住宅は長く住みたいという前提で立てられることが多い。このとき注目したいのが、二世帯住宅やバリアフリー住宅である。
都市でも快適に過ごせるための設計が、この住宅形式では検討される。

>>もっと詳しく