<憧れをカタチに。

それぞれ違う建設のやり取り

ダイニング

住宅の建設に関わっているのは、工務店や設計士、住宅メーカーなどである。
この中のどの業者も、注文住宅の受注を行っているので、注文者はこのうちのどちらかを依頼先にすることになる。
三つの依頼先にはそれぞれ特徴がある。
住宅の特徴をよく踏まえ、検討することで、依頼先は自然と狭まってくる。

住宅メーカーは、住宅の研究を長年行ってきた業者で、新しい暮らしの機能の採用に積極的である。
また、多くの設計士を抱え、商品も開発しているため、提案力には定評がある。
建設費用は工務店に比べると少々高めになるが、仮住まいの手配や土地探しなども任せることができるので、いろんな手続きが面倒な人はこちらを依頼先にする人が多い。

また、工務店は地元で営業している業者が多いため、依頼先に選びやすいといったメリットがある。
建設費用も安く、工法にも独自の製法を持っているところがあるので、特別な工事の時は依頼しやすい。

設計事務所で注文住宅を頼む、という人は、その設計事務所のデザインのファンである人もいる。
設計士と注文者で細かいやり取りをすることが可能なので、個性的なデザインを設計士と創りあげたい人にはぴったりである。