<憧れをカタチに。

付けたい設備

ひとり暮らしのお部屋

明確に自分が建てたい住宅を想像することが出来てきたなら、今度は実際に住宅メーカーなどに依頼する時の事を想像するのが良いであろう。
住宅メーカーに依頼する時には、どんな機能が付いているかを明確に伝えられると建設に取り掛かりやすい。
注文住宅といっても、実際に付けたい機能、たとえばエレベーターなどが、その住宅メーカーが用意していない場合がある。
そんなときは家に付ける設備の機能を持っているのかどうかを確認することで、住宅メーカーを選ぶという方法もある。

住宅に必ず付けたい機能があるなら、その機能別に工事を依頼する先を決めることが大事なのである。
これはエレベーターやシステムキッチンなどの機能だけではない。
インテリアやエクステリアなど、家の内装や完成した時のイメージも含めて検討したい所である。
たとえば今は自然とともに生きる自然回帰の考え方が重要視されている。
この自然回帰の考えを実現するため、自然素材で注文住宅の内装を統一したいのであれば、自然の素材を多く用意している住宅メーカーや工務店を選ぶと良い。