<憧れをカタチに。

明確に想像する

窓辺

注文住宅を作る際には、まず設計に対する注文者の考えをはっきりさせる事が大事である。
建売分譲住宅ではある程度平均的な家族や将来設計のことに関して統計をとり、決まった住宅づくりをしていくことになる。
しかし、この注文住宅という住宅の作り方では、どんな家にしたいかという総意を自分で決める必要がある。
目の前に何もない状態で、実際の建物が立っている状態を想像するのは思ったよりも難しい。

住宅メーカーか、工務店か依頼先を決定する前に、注文住宅を作るのであれば、まず、家族や自分の住宅に対する考えを集めなければならない。
家族全員の総意がなく、誰かが我慢した状態で家を作るのは、長く住むことになる家造りにおいては望ましくない。
やり取りに時間がかかるかも知れないが、これは必要な話し合いである。

そのためには、注文住宅を作るまでにしたいことをまとめたチェックシートを作るのも良い。
注文住宅であってもモデルハウスを一度見てみて、実際の建設された状況を明確に想像してみるのも良い。
また、モデルハウスを見る過程で、依頼する住宅メーカーを検討するのも良い。