<憧れをカタチに。

建てた後のこと

テラス

注文住宅の建設を住宅メーカーに依頼するのであれば、メンテナンスがきちんとなされているのかどうかの確認はするべきである。
いろんな機能を付けるのであれば尚更、そういった機能のアフターケアを行うことになる。
そんなときにアフターケアの制度が整えられており、保証期間内では保障をしてくれるなどの仕組みがあれば便利に利用することができる。
機械などの設備は自分では分からないことも多いので、プロの目で見て確認することができるととても助かる。

また、住宅メーカーによってはそうした保証期間を、一年や五年など、定期的に行ってくれる。
建築物は年月が経つにつれてそれぞれの建材特有の劣化の仕方がある。
屋根部分は常に雨風にさらされているため、定期的な張替えも必要になってくるので、その点のメンテナンスも頼ることができれば助かる。
特に今の屋根の建材は、新しい人工の素材で作っていることが多いので、その住宅メーカー特有の素材である場合、住宅メーカーに修理を依頼することになる。