<憧れをカタチに。

土地に合わせた提案

一軒家

一戸建てを建設する依頼先が住宅メーカーと決めた場合、その住宅メーカーがどんな営業形態をとっているのかも検討の一つとなる。
住宅メーカーは大手の企業であることも多く、全国規模でチェーン展開している住宅メーカーもある。
このとき、土地に合わせた住宅づくりをしているかどうかで、依頼するメーカーを決める人もいる。
注文住宅は基本的には設計から建設に注文者が関わるため、その分費用もかかる。
その上で後悔しない家造りをするためには、その土地に則した家造りを行っているという点も検討材料の一つである。

土地によっては、海が近く、塩害が大きい地域もある。
そのとき、住宅メーカーではエアコンや壁・天井に塩害用の設備を用意しているところを選ぶべきといえる。
その他にも、豪雪地帯で雪の重みに耐えることのできる住宅づくりを行うなどがある。
こうした点は、特に初めてその土地に住む人にとっては予想もしないことである。
このため、住宅メーカーが独自で提案する能力が求められる。